育毛を客観的に見るには、3つのこと。

客観的に見るにはで、3つのことをみていきたいです。「自分を高くしない」「自分の好き嫌いで人を評価しない」「人の意見をよく聞く」の3つです。

「自分を高くしない」ですが、自分の能力を高く見積もると、他人が作った作品を批判するようになります。でも、実は自分が作ったものよりも、他人が作ったものの方が高く評価されることがあります。そういう事があったら、まず、自分を持ち上げすぎていないかを考えるようにしたら良いです。

自分の作ったものに愛着があるのは当たり前です。しかし、仕事などでは、シビアに能力判定が行われます。自分の作品をきちんと判断できるまでは、自分の能力に過信しないことが重要なのです。次に「自分の好き嫌いで人を評価しない」です。

人間というのは自分の側にいる人を高く評価する傾向があります。そして、あまり好きではない人の作品を低く評価する傾向があります。これが、仕事で困ることの一つになります。客観的に見るには、好きな人の作品も嫌いな人の作品もフラットに見る必要があります。でなければ、その会社はビジネスで勝つことが難しくなるでしょう。

毎回好きな人のものが一番良いとは限りません。ですから、仕事に勝つために、そして人生に勝つために、成果物に対して適切な判断をしたいものです。最後は「人の意見をよく聞く」です。前の話でありましたが、嫌いな人の成果物もきちんと評価するということでしたが、意見に関してはそこまで、こだわらなくても良いと思います。

そもそも、人間は好きな人と話さないと気持ちが落ち着きませんから、「コンフォートゾーン」になることが重要です。コンフォートゾーンとは、安心・安定していて落ち着いた気分のことです。つまり、コンフォートゾーンになるために、好きな人とだけ話す必要があるのです。

その上で人の意見をよく聞くのがいいのです。自分の考えが正しいと思う人はこの部分が弱いと思います。本当の天才なら、自分で全部決めて、会社の方向性も未来性も全部把握できると思います。しかし、普通の一般人なら、そこまで未来を見ることが出来ません。だから、人の意見をよく聞くのは重要です。

ただし、人の意見はよく聞くけれど、全部、人の意見の通りに自分が動くわけではありません。物事を決定するヒントにはするけれど、最終的に決めるのは自分です。これが出来ると一気に自分の価値が高まります。以上、客観的にみるにはで3つ話をさせていただきました。ぜひ、日々の生活に取り入れて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です